記事リスト

新しく建物を建てる前に

重機

すでに建物がある土地に新しく建物を建てる時には解体工事を行う必要があります。多くの方が初めての経験になりますが、いろいろなトラブルを防ぐために工事を行う前には業者の方としっかりと打ち合わせを行うことが大切です。

詳しく見る

專門の業者を探す

解体

神奈川で解体工事をするには、神奈川の專門業者に依頼することになります。どんな立地場所でもどんな状態であっても解体工事をしてくれる業者がお勧めです。もちろん、見積もりを取って複数の業者と比較してみましょう。

詳しく見る

費用を比較して決めよう

ヘルメット

大阪で家屋解体工事を行うには專門業者に頼むことになります。費用は最低でも数十万円かかると見込んでおきましょう。また、周囲への対応力も重要になってくるため、見積もりを取るだけではなく、対応力の良さから業者を選択しましょう。

詳しく見る

騒音や振動を抑えた施工

解体

店舗やオフィス、住宅などが老朽化すると、危険なので解体工事を依頼したい人が増加しています。優良な専門業者は、騒音や振動、粉塵などを抑えた施工を心掛けており、近隣住民に迷惑を掛けないように、細心の注意を心掛けています。

詳しく見る

解体業者を探す方法

重機

神奈川県内に解体工事を請け負う業者は多々あります。神奈川県で公表している解体工事業者登録簿を確認して、解体工事を依頼することがポイントです。業者の数は膨大にありますので、いくつかの業者に見積もりをとって検討することをおすすめします。

詳しく見る

都市圏での家屋の解体工事

男性

事前に準備しておくこと

家屋解体は古くなった木造住宅を取り壊すだけの作業と思っている人が多いですが、実は入念な準備が必要なのです。特に大阪のような都市圏での家屋解体作業は慎重さが必要になります。隣近所から苦情が出ないようにするのが、大阪などの都市圏における家屋解体工事の実情です。準備段階として工事業者が行うのは、家屋とその周辺エリアの事前調査です。家屋解体工事というのは実際に行ってみると思わぬ障害が発生しやすいのです。予定外の工事をしなくてはならなかったりするので、事前に詳しく家屋調査をしてから見積金額を出します。大阪のような住宅密集地の場合は水道管やガス管などが隣に直結していることがあるので、その対策も含めて準備をします。また解体工事を依頼する側は、工事が始まる前に電気やガスや水道の業者に連絡して停止する日時を決めておきます。これが行われないと家屋解体はできないのです。電気や電話は電柱からの引き込み線を取り外しますが、ガス管などは配管のカット作業が必要になるので早めの対策をします。大阪などの密集地では隣近所へ迷惑がかかるので、事前に挨拶廻りが必要です。それ以外にも道路が狭いので重機などが入れないケースもあるので、重機自体の大きさにも影響してきます。小型の重機の場合は解体作業に時間がかかり、費用が高くなることもあります。これから家屋の解体工事をする場合、以上のような点にポイントをおいて業者探しをすれば安心です。