美容

レーザーごとの治療効果

美容整形

レーザー治療では、使用するレーザーにも種類があります。それぞれのレーザーごとに得られる効果も異なるので、自分が持つニキビ跡の症状ごとに合わせる必要があります。レーザーの中でも一般的な種類なのが、フレクセルレーザーです。フレクセルレーザーは、肌表面に非常に小さな穴を開け、肌組織の細胞を活性化させる効果があります。肌の細胞が活発に分裂するようになれば、肌の真皮にダメージを負って落ち窪んでしまったクレーターを補うことができます。クレーターは、ニキビによる炎症が肌の真皮部分にまで及び、細胞が死滅してしまったことで引き起こされるものです。肌細胞の再生を促すことで、ニキビ跡の窪みを改善できるでしょう。フレクセルレーザーは肌の真皮層にまで届くレーザーであり、他のレーザー治療に比べ肌への負担は大きいものの、高い治療効果があるので多くの人が利用している方法なのです。

肌の真皮に直接効果を与えるフレクセルレーザーに対し、肌のターンオーバーを促進させてニキビ跡を治すのが炭酸レーザーです。炭酸レーザーは、肌に照射することで肌表面の角質を削る治療法です。肌の角質を削ることで、肌が持つ再生能力を活性化させクレーターなどのニキビ跡の治療ができるのです。この治療法はフレクセルレーザーに比べ効果が現れるのが早いので、すぐにでもニキビ跡を治療したいと考えている人に多く利用されます。しかしながら肌表面を削る治療であるため、肌の弱い人などであると治療が難しいこともあります。医師としっかりと話し合い、体質や体のコンディションなどから治療が行なえるかどうかを確認するとよいでしょう。